ご覧頂きありがとうございます。記事には自由にコメントを書き込んでください。匿名でOKです!
責任感

責任感なんてもう古い。必要なのは・・・

責任感なんてもう古い。そのプレッシャー必要ですか?

by katsu

メリークリスマス!
katsuです。

 

今日は久しぶりに「人生を変える言葉たち」の更新です。

 

責任感」という言葉があります。僕も面接などなどでよく言った記憶があります。責任感があります!って。

 

しかし、責任感って何なんでしょうか?自分に何か仕事を与えられたとして、それを忠実にこなしたら

 

「責任感がありますよ!(いばり)」

 

ということなのでしょうか?いや、そんなことはありませんよね。

仕事における責任とは「上」の立場の人間が持つもの

一般的なお話をしましょう。仕事における責任とは、いわゆる「上」の立場の人間が持つものです。

 

基本的に人は仕事を始めて「ぺーぺー」の時、責任はそれほどありません。いくら自分が「責任感がある」と言っても、それほど責任が必要な仕事なんて与えられません。

 

仕事に慣れ、少しずつ大きな仕事を任されるようになって初めて「責任」が付きまといます。

 

仕事の内容と給料を考えてみましょう。一般的に仕事はこなせばこなすほど、給料が上がるでしょう。そして、仕事の内容は雑用、ルーチンワークを超え、管理業務になります。

 

管理業務とは、いわゆる「マネジメント」。部下の管理や業務の調整を行います。これがいわゆる大きな「責任」なのでしょう。

 

例えば、部下が大失態を犯した時、それは「上」の立場の人の責任。だから「上」の立場の人はプレッシャーを常に感じているわけです。

 

部下が失敗しないか?
自分より上の人に怒られないか?
恥をかいたらいけない!
自分は失敗するわけにいかない!

 

こういった責任、つまりプレッシャーを感じる仕事だから給料が高く、地位も高いというわけです。


必要なのは「未来へ向かおうとする力」

ここまでは一般論です。

 

しかし、こういった「責任」のあり方は正しいと言えるのでしょうか?これからの将来、この一般論は通じるのでしょうか?

 

今回は仕事の場面を例にしましたが、他にも「責任」とは様々です。

 

勉強しなければならない学生の責任。子を見守る親の責任。会社を経営する社長の責任。町内の人たちをまとめあげる自治会長さんの責任。

 

どのような人も「責任」という自分へのプレッシャーを感じ、そして「責任」という他人へのプレッシャーをかけているのではないでしょうか。

 

しかし、責任感は重要ではない。僕はそう思います。

 

ここで一番大事なのは「未来へ向かおうとする力」です。それも、自分にとって、みんなにとって良い未来です。

 

たとえば大失敗した部下と上司の関係。上司は、

 

「なんてことしてくれたんだよ・・・」
「この失敗をどうして繕えばいいんだよ」

 

なんてことを考えるでしょう。
部下も同じことを考えます。中には、

 

「これは上司の指示が悪かったんだよ!」
「自分は悪くないよ!」

 

なんて開き直る人もいるかもしれません。

 

しかし、こんな「責任」中心の考え方にメリットはあるのでしょうか。全くありませんよね。上司は、

 

「失敗したものは仕方ない!」
「さあ、どう挽回するか。ここが力の見せ所だよ」

 

と言えるくらいの器量があればカッコイイですよね。部下も、

 

「申し訳ありません!必ず挽回します!」

 

なんて言えればカッコイイですね。ここには「責任」がどうとか関係ありません。

 

協力して、何としても目標を達成してお互いハッピーになるぜ!そんな力が存在します。

 

未来へ向かおうとする力。
これ、カッコイイと思いませんか?


よい記事でしたら、ぜひ下のSNSボタンからシェアお願いします。これからも頑張ります。応援をお願い致します!
いいやん!
↑まだ0いいやん!です。良い記事でしたら最初の「いいやん!」をお願いします。
読み込み中...
         

記事はいかがでしたか?
今後もぜひ応援をお願い致します!

<スポンサーリンク>


責任感
最新情報をチェックしよう!
>活ノート!でつながる。

活ノート!でつながる。

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問、記事の執筆依頼などなどお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
順位の確認はこちらです。
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング