ご覧頂きありがとうございます。記事には自由にコメントを書き込んでください。匿名でOKです!
道をひらく

「道をひらく」松下幸之助さんの代表作レビュー

「道をひらく」松下幸之助著レビュー

katsuのテキトーレビュー
ジャンルビジネス
おすすめ年代層30代~
読みやすさ 4.0
役に立つ度 3.0
読み返したい度 4.0
総合おすすめ度 4.0

 

katsuです。今回は、松下幸之助さんの道をひらくをご紹介します。

 

以前、人生を変える言葉たちにもこの本を取り上げたことがあります。その時にもお伝えしましたが、この本500万部を超える超ベストセラー本です。

 

以前この本をご紹介した記事はこちらです。

人生を変える言葉たち「自分には自分に与えられた道がある」

「道をひらく」はどんな本?

まずは目次をご紹介してみましょう。

・運命を切りひらくために
・日々を新鮮な心で迎えるために
・ともによりよく生きるために
・みずから決断を下すときに
・困難にぶつかったときに
・自信を失ったときに
・仕事をより向上させるために
・事業をよりよく伸ばすために
・自主独立の信念をもつために
・生きがいのある人生のために
・国の道をひらくために

こうしてとりあげてみると、とにかくスケールの大きさに驚きます。

 

本文にはそれぞれ小見出しがあって、全て2ページの見開きで読めるようになっています。文字も大きく、とても読みやすい構成の本だと思います。ただし文章自体は少し古い表現や難しい表現もあり、読みづらく感じる方もいるかもしれません。

 

この本はひとことでいうと、ビジネス本の聖書です。

 

勘違いの無いように書いておきますが、これはビジネス本の中でも素晴らしい本だ、という意味ではなく、文章自体が聖書を思い出すような精神論に溢れている、という意味です。何らかの具体的なテクニックが書いてあるわけではなく、あくまで「心構え」ですね。


たしかに良書だが・・・

さて、この本が売れているのには理由があると思います。

 

松下幸之助さんの知名度が高すぎる。ビジネスの神様としてあまりに売れすぎてしまっているのです。そんな人が書いた本なのですから、「ビジネス本の神様」と崇められるのも当然です。企業が社員に推し進めたりということも多々あるのでしょう。

 

以前の記事でも書きましたが、この本は本当に素晴らしい本です。松下幸之助さんの集大成といっても過言ではありません。しかし、あえて苦言を言います。

 

この本に書いてあることが全てではありませんし、必ずしも正しいとは限りません。

 

この本が最初に出版されたのは1968年。時代はどんどんと遷り変わっています。当然ビジネスの常識も、生活様式も・・・何もかも遷り変わっているのです。例えばネット社会の拡大。仕事の様式も、人との付き合い方も大きく変わりました。

 

本を読んで「なるほどなあ」と感じるのは良いのですが、それをどう活かすか。過去の松下さんの言葉をどう活かすかがとても重要になるのです。

 

この本を読んでいただくとわかりますが、本当に日本発の聖書を読んでいるようなものです。読んでない方にはぜひ読んで頂きたいですね。

 

そして日本をどう良くしていくか。考えていきたいですね。僕にはスケールが大きすぎるか・・・。

最新記事やお得な情報をメールでご連絡できます。お気軽にご登録ください!


 

配信例はこちらにあります。

いいやん!
↑まだ0いいやん!です。良い記事でしたら最初の「いいやん!」をお願いします。
読み込み中...
         

記事はいかがでしたか?
今後もぜひ応援をお願い致します!

<スポンサーリンク>


道をひらく
最新情報をチェックしよう!
>活ノート!でつながる。

活ノート!でつながる。

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問、記事の執筆依頼などなどお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
順位の確認はこちらです。
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング