ご覧頂きありがとうございます。記事には自由にコメントを書き込んでください。匿名でOKです!

うまくいかないときに、どれだけ前に進めるか。

うまくいかないときに、どれだけ前に進めるか。その合計こそが「人生の差」になる。

by 山﨑 拓巳さん

3連休が1連休。
もはや連休でもなんでもない・・・。
katsuです。

 

今日は山﨑拓巳さんの名言をご紹介しましょう。山崎さんはビジネスアドバイザーとして活躍されていて、良い本をたくさん出版されています。今回は「PROJECT OF LIFE 人生のプロジェクト」という本から名言を抜粋させて頂くことにします。

 

この本、「人生が変わるおすすめ本」でそのうちご紹介させて頂く予定です。

うまういかないときの苦しみ・・・

うまくいかないときに、どれだけ前に進めるか。その合計こそが「人生の差」になる。

 

この言葉、本文にふと現れる言葉です。特に強調されているわけでもありません。しかし、僕には経験上とても深く、厳しく感じました。

 

うまくいかないときは何をやってもうまくいかない。そして、いつもそう感じてしまう。そんな人も多いと思います。僕もそんな中のひとり。

 

けど、逆にうまくいくときの方が少ないですよね。苦しみの連続、そしてその苦しみを乗り越えたときに道が開ける。そうわかっていても、なかなか前に進めない。苦しみを乗り越えなくってもいいか~なんて諦めてしまう。たとえ好きなことをしていても、うまくいかないときは苦しくなって諦めてしまう。

 

そんなことを思い出すと、「うまくいかないときに、どれだけ前に進めるか。」という言葉がものすごく重くのしかかってくることになります。



うまくいかないときこそ踏ん張るとき

さて、山﨑さんはうまくいかないときに前に進むこと。これが「人生の差」になるとおっしゃっています。

 

人生の差とは何でしょう??

 

お金でしょうか?
裕福さでしょうか?
それとも名誉でしょうか?

 

いいえ、違うでしょう。

 

人生の差とは、自分の幸せ度と言って良いと思います。人それぞれ幸せの感じ方が異なります。それを幸せ度と呼んでみます。

 

うまくいかないときに踏ん張って前に進む。

 

前に進めば必ず成功するかというと、そうではありません。けど、何度も前に進めば必ず何らかの成功を収めるはずなのです。何をやってもダメな人って絶対にいないはず。失敗を繰り返すことで、自分には何ができるか。何をやれば成功できるかということもわかってくるはずなのです。

 

踏ん張って前に進んで、苦労をして成功をおさめた人。そんな人の幸せ度が低いはずがありません。

 

何をやってよいのかわからなくても、とにかく少しずつでいい。前に進む。これが成功への道であることに間違いはありません。

前に進んで積み重ねる

さあ、みんなで前に進んで、前に進んで。

 

僕にとっては今はこのブログでしょうか。今のところ、記事はほとんど誰の目にも触れていません。そんなブログが将来認められることを目指して。

 

みんなで前に進もう。

 

よい記事でしたら、ぜひ下のSNSボタンからシェアお願いします。そして皆様からのコメントもお待ちしております。
いいやん!
↑まだ0いいやん!です。良い記事でしたら最初の「いいやん!」をお願いします。
読み込み中...
         

記事はいかがでしたか?
今後もぜひ応援をお願い致します!

<スポンサーリンク>


最新情報をチェックしよう!
>活ノート!でつながる。

活ノート!でつながる。

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問、記事の執筆依頼などなどお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
順位の確認はこちらです。
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング