ご覧頂きありがとうございます。記事には自由にコメントを書き込んでください。匿名でOKです!
影響力

「影響力」永松茂久さんの最新作レビュー

「影響力」永松茂久著レビュー

katsuのテキトーレビュー
ジャンルビジネス
おすすめ年代層30代~
読みやすさ 4.0
役に立つ度 3.0
読み返したい度 3.0
総合おすすめ度 3.0

本のご紹介って永遠にできますね・・・
katsuです。

 

今日は永松茂久さんの現在の最新作のレビューです。

 

「影響力 あなたがブランドになる日」

 

ご本人もおっしゃっていましたが、表紙に顔写真が透かされているカッコイイ本ですね。中身もどんどんカッコよくなっています。帯はこんな感じです。

 

「自分の価値を上げたいすべての人たちへ。自分の名前で生きていく。3坪の行商からミリオンセラー作家に登りつめた異色の著者が贈る、パーソナルブランディングのバイブル」

 

そして目次です。

プロローグ.誰もがブランドになれる時代
1.なぜ、いま「影響力」なのか?
2.まずは自分を明確化する
3.お客さま像を明確化する
4.お金に対するメンタルブロックを外す
5.メンターに選ばれる人が、次世代のインフルエンサーになる
6.本を書こう。その夢をあきらめる必要など、まったくない
エピローグ.あなたがブランドになる日

それでは中身の紹介です。

どんな本?

中身は目次にすごく明確化されていますね。

 

これまでの永松さんの本はどちらかというと万人向けでした。誰にでも受け入れられる、人生を豊かにするアドバイスの本という感じでしょうか。

 

この「影響力」は、これまでの本とは少しテイストが違っています。読者層のレベルを少し高めにし、読み手を選ぶ本になっています。

 

今までが「誰でも成功できる!」というタイプの本であったとすると、この本は「成功するためにはこうするべきです」というイメージでしょうか。

 

本当に成功を目指す人向けに書かれていますね。この変化は永松さん自身の成長なのでしょうか・・・。


次期作が楽しみになる1冊

この本はおすすめではありますが、個人的にはやはり過去の作品が素人臭くて好きです。人情味に溢れていたという感じです。

 

永松さんの師匠である斎藤一人さんの言葉を随所に盛り込んで、臨場感のある本は感情移入することができました。ところが、この最新作はそういった臨場感はありません。

 

本の中にも斎藤一人さんの名前は出ず、「師匠」とたまに表記されているぐらいです。永松さんの変化が現れているのでしょうが、やっぱり少し寂しいですね。

 

ネタ切れというわけではないでしょうが、永松さんもこれだけ本を出版すると、言いたいことをほとんど書いちゃってるんじゃないのかな?という気もします。

 

次期作は、ぜひ昔のような臨場感のある作品を読みたいものです。

よい記事でしたら、ぜひ下のSNSボタンからシェアお願いします。
当ブログでは、皆様からお題を頂ければ必ずそのお題を元に記事を執筆します。どのコメント欄でもOKです。皆様からのお題をお待ちしております。
いいやん!
↑まだ0いいやん!です。良い記事でしたら最初の「いいやん!」をお願いします。
読み込み中...
         

記事はいかがでしたか?
今後もぜひ応援をお願い致します!

<スポンサーリンク>


影響力
最新情報をチェックしよう!
>活ノート!でつながる。

活ノート!でつながる。

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問、記事の執筆依頼などなどお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
順位の確認はこちらです。
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング