★おかげさまで月間15,000PV達成! 今後も楽しい記事をお届けします。ぜひブックマークを★

【Google AdSense】広告が表示されないときに代替広告を表示する方法?

 

【Google AdSense】広告が表示されないときに代替広告を表示する方法?

katsuです。

 

今回はGoogleアドセンスのお話です。サイトを運営されている方は経験されているのでしょうが、Googleアドセンス広告を設置しているはずなのに、正しく広告が表示されずに空白になってしまう場合があります。

 

こんなとき、Googleアドセンス広告の代わりに任意の代替広告を表示することができるようです。早速チャレンジしてみましたので、その結果をお伝えしましょう。

Google AdSenseに代替広告が必要な理由

そもそも今回お話する代替広告とは、Googleアドセンス以外の広告会社、例えばA8.netのような広告会社のお話をしているのではありません。アドセンス広告が表示されないスペースに、一時的に表示するお決まりの広告のことを指します。

 

Googleアドセンスを利用しているサイトでは、広告のコードを記事内に設置します。しかし、設置している箇所に広告が表示されない場合があるんですよね。こんな感じ。

コメント 2019-09-12 214033

 

 

時計を紹介する記事ですが、「スポンサーリンク」と書いている下には本来アドセンス広告が表示されるはずなのです。その部分が空白になってしまっています。

 

これでは見栄えが悪いのはもちろんですが、サイトを運営するために必要な収益の機会を逃すことになってしまいます。広告を悪く思う人がいるかもしれませんが、原理はテレビの広告と同じ。広告主、サイト経営者、読者それぞれにメリットがあるので正しく使えばサイトの賑やかしになります。

 

正しく広告が表示されない理由は、

・広告を公開した直後(30分ほどは表示されない)
・記事内にポリシー違反がある
・記事と広告のバランスが悪い(広告が多すぎる)

 

といった理由があるようです。広告掲載率を最適化するという手法もあるようですが、これは次回挑戦するとして・・・空白を絶対作らないためにも、まずは代替広告にチャレンジしてみることにします。


Google AdSenseの代替広告を設置する方法

さて、ここでご報告。

 

今回のチャレンジには失敗しました。

 

どうやらGoogleアドセンスの仕様がいつの間にか変わっているようです。これまでの仕様では、広告コードを取得してからURLを作り、アドセンス内でそのURLを指定するだけだったのですが・・・。

 

もう使えなくなってしまったのかな・・・

 

僕はこういうチャレンジをするとき、記事を書きながらチャレンジしています。ここまで記事を書いて失敗に終わってしまったというパターンです。

 

以前はGoogleアドセンスのホームから「広告」→「広告ユニット」と進み、各広告ユニットを選ぶと「表示可能な広告が無い場合」という項目があり、ここからURLを指定できたのです。ところが今の広告ユニットは・・・

コメント 2019-09-15 213921

 

設定画面はたったこれだけ。細かい設定が何もできなくなってしまっています。

 

それでも、広告コードを取得しHTML化するまでの作業は無事にできたので、その方法をご説明しておきましょう。またGoogleアドセンスの仕様が変わったとき、使えるかもしれません。

代替広告の元となる広告コードを取得する

代替広告の元となるコードを取得する方法です。ここで初めて、Googleアドセンス以外の会社のお世話になることになります。例えばA8.netといった広告会社から特定のコードを設定する方法もありますが、Amazonアソシエイトのコードがベストと考えました。

 

その中でも、選んだのはお買い得ウィジェットです。こんな手順でコードを取得します。

 

まずはAmazonアソシエイトのホーム画面から「ウィジェット」→「その他ウィジェット」に進みます。

コメント 2019-09-12 221813

 

次に「お買い得ウィジェット」を選択します。

コメント 2019-09-12 221850

 

好きな広告を選びましょう!僕の場合は「大きいサイズ」の四角い広告が良いかな~と感じました。

コメント 2019-09-14 215122

 

あとは「Webサイトに追加」ボタンを押せばコードが取得できます。取得した広告は「マイウィジェット」に追加されていますので確認しておきましょう。


取得した広告コードをURL化する

さて、次は広告コードをURL化する方法です。この手法は今回やろうとしている代替広告だけでなく、何かに利用できるかもしれませんね。

 

まずは適当な名前をつけたメモ帳を開きます。そして次のコードを書いてください。

<html>
<head>
<title></title>
</head>
<body>
<center>
<!– 代替広告コードを記入 –>
</center>
</body>
</html>

 

「コードを記入」としている部分に先程取得したコードを貼り付けてください。ファイルを保存し、拡張子を「.txt(メモ帳を使っている場合)」から「.html」に手動で変更します。

 

次にこのhtmlファイルを自分のサイトのサーバーにアップロードします。ここは使っているサーバーによって作業方法は変わります。僕の場合はffftpというソフトを使ってスターサーバーにアップロードします。

 

サイトのフォルダのトップにアップロードし、そのURLを直接開いてみると・・・

コメント 2019-09-14 220514

 

無事に広告コードがURL化されました!

 

作ったファイルは「daitai_koukoku.txt」というもので、これをhtmlファイルに名称変換してアップロードしただけです。思ったより簡単な作業でした。

 

サーバーに直接アクセスする手間はありますが、この手法はマスターしておいたほうが良いでしょう。サーバーのデータバックアップ等も可能になりますからね。

Googleアドセンスの代替広告は使えないのか?

さて、今回広告コードをURL化してみましたが・・・

 

残念ながらアドセンスから代替広告を設定することはできませんでした。ヘルプページも見ましたが見つけられませんでした。

 

どうやら本当に代替広告自体が設定できなくなった可能性がありますね。これまでに既に代替広告を設定していた場合はどうなるんだろう・・・。そして実は設定する方法があるのか?そもそも代替広告というのはGoogleにとっては何のメリットもないサービス機能ですから、廃止されてもおかしくないですね。

 

代替広告は絶対に必要というものでもありませんから、

 

今回は諦めることにしました!

 

他の手法でもっともっとサイトをバージョンアップしていきたいと思います。そして、もしも今回のお話に詳しい方がおられましたら情報をいただけると嬉しいです。

活ノートでは最新記事の投稿情報をメールでお伝えしています。お気軽にご登録ください!


 

配信例はこちらにあります。

 
いいやん!
↑まだ0いいやん!です。良い記事でしたら最初の「いいやん!」をお願いします。
読み込み中...

記事はいかがでしたか?
今後もぜひ応援をお願い致します!

<スポンサーリンク>


最新情報をチェックしよう!
>活ノート!でつながる。

活ノート!でつながる。

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問、記事の執筆依頼などなどお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
順位の確認はこちらです。
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング