ご覧頂きありがとうございます。記事には自由にコメントを書き込んでください。匿名でOKです!

卒業する君へ。夢はいくつあってもいい。

卒業する君へ。夢はいくつあってもいい。

by katsu

 

長いようであっという間に過ぎた冬。春ですね。
katsuです。

 

僕には今年卒業する娘がいます。

 

僕が残業を終えて家に帰ると、いの一番に娘が卒業文集を持ってきました。

 

そこには将来の夢が書かれていました。

 

将来の夢は警察官。これから苦しいことや、難しいこと。困難なことがたくさんあるはず。でも、私は負けない。絶対に警察官になる。

 

そんなことがつらつらと書かれていました。

 

こんな娘がとても誇らしく感じるとともに、

「もしも警察官になれなかったらどうするんだろう・・・」

という娘には絶対に言えない、意味の無い不安もわいてきました。

 

そんな君に伝えたいことがあります。親ばかなのかなあ。



夢はいくつあってもいい。

以前「夢は必ずしも必要ではない」という記事を書きました。その記事はこちら。

活ノートの関連記事

夢は必ずしも必要ではないby katsukatsuです。 このブログは、いつもいつも僕の思うがまま、気の向くままに書いています。けど、僕自身「こう思うんでうすよ」なんて書いていても、なかなかその通り[…]

夢

 

夢がない?よかったじゃないか。夢がなければ、これからなんでもできるぞ。

 

以前のこの記事は、斉藤一人さんのこんな言葉の影響を強く受けています。

 

卒業というひとつの区切りを迎えた君へ。今回は、もうひとつことばを贈りたいと思います。

 

夢がある?いいじゃないか。頑張れ。そして夢はひとつだけじゃなくていい。いくつあってもいいよ。夢があるほど人生が素敵になるよ。

 

未来の道は限りなく広がっています。

 

進んでもいいし曲がってもいい。ときには戻ってもいい。

 

少し迷ったときには・・・

 

好きなこと
得意なこと
人のためになること

 

この指標を羅針盤に前に進んでください。

人生の先輩としての責任

さて、今回は人生のひとつの区切りとして、卒業のお話をしました。

 

しかし、区切りはこれからもたくさんやってきます。それは必ずしも良いことや楽しいことだけではなく、大変なこと苦しいこともあるでしょう。

 

ぜひ恐れずに進んでほしいのです。

 

淡々と乗り越えてほしいのです。

 

大人になってもいくら年を重ねても、区切りはたくさんやってきます。

 

そして将来ふと振り返ったとき、そこには同じ区切りを乗り越えようとしている後輩たちがいます。

 

そんなときは後輩たちを導いてあげてください。そして君はこれから大勢の人に助けられるでしょう。

 

誰にも未来はわかりません。

 

そんな未来に挑み続ける君。人生の少し先輩からのアドバイスです。

 

卒業おめでとう。

最新記事やお得な情報をメールでご連絡できます。お気軽にご登録ください!


 

配信例はこちらにあります。

いいやん!
↑まだ0いいやん!です。良い記事でしたら最初の「いいやん!」をお願いします。
読み込み中...
         

記事はいかがでしたか?
今後もぜひ応援をお願い致します!

<スポンサーリンク>


最新情報をチェックしよう!
>活ノート!でつながる。

活ノート!でつながる。

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問、記事の執筆依頼などなどお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
順位の確認はこちらです。
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング